ニュース

バレンタインのチョコ作り・北児童館で小学生参加

2012.2.14(三郷市)
ニュース写真
 三郷市立北児童館(恩田節子館長)で4日、「おりょうりキッズバレンタインチョコ作り」が行われ小学1〜3年生19名が参加し、クランチチョコ作りに挑戦した。
 子どもたちは、4〜5人ずつ4つのグループに分かれ、チョコ作りの手順の説明を聞いた後、作業を開始。板チョコを細かく刻んでボウルに入れ、湯煎してドロドロに溶かし、 コーンフレークを入れてかき混ぜて、温かいうちにハートの形の型に入れていった。教室内にチョコレートの甘い香りが立ち込める中で、子どもたちは時々味見をしたり、楽しそうに手づくりチョコを作った。
 型に入れたチョコレートを冷やしている間、ラッピング用の箱にイラストやメッセージをかきデコレーション。参加した浅野きづなさん(桜小3年生)は「今日作ったチョコレートは、毎年バレンタインデーの準備を手伝ってくれるママにあげる」と話していた。

>戻る