ニュース

AKB高橋彩音さん「PR大使」に・「花まつり」で町長から委嘱

2018.5.21(松伏町)
ニュース写真
 松伏町大川戸の県営まつぶし緑の丘公園で12日、「第13回春の花まつり」が開かれた。赤やピンクのポピー、紫色のムギナデシコが見頃を迎えた園内で、さまざまな催しが開かれた。

 スペシャルゲストとして、人気アイドルグループ「AKB48チーム8 埼玉県代表」の橋彩音さん(20)が登場し、多くのファンが駆け付けた。イベントの開会式で、同町の鈴木勝町長から高橋さんに「まつぶしPR大使」が委嘱された。橋さんは鈴木町長から委嘱書とたすき、名刺を受け取ると、笑顔を見せていた。高橋さんは早速たすきを掛け、花いっぱいの園内を歩いて回った。

 「花まつり」では、千葉県野田市の西武台千葉中学・高校吹奏楽部によるマーチング演奏や、地域で活動する団体による太極拳やダンスの披露、フリーマーケットや模擬店の出店などでにぎわった。

 鈴木町長と橋さんによる「トークショー」では、同町産のコメを使った特産品「まつぶし逸品」が紹介された。橋さんは、米粉を使った焼き菓子の「こめろん」と、同町で300年以上続く老舗金杉糀(こうじ)屋の甘酒を使用した「糀ジャム」を試食。「松伏にはたくさんのおいしい物、家族連れや友人と来るのにぴったりのすてきな公園がある。また松伏に来ていただけるとうれしい」と、来場者に呼び掛けていた。

 橋さんは、2016年2月に初の県内イベント「まつぶし町・冬フェスティバル」に出演し、多くの参加者でにぎわい、大盛況となった思い出の地として、松伏町に親近感を抱き、町を応援していた。今後、橋さんには、同町のイベントなどに参加することで、町の魅力を発見・発信していくための活動を展開していく。

 橋さんは「松伏町はAKB48として初めての県内イベントに参加した思い出の地でもありますし、子どもの頃は家族で公園に遊びに来たりしていたので、すごくうれしいです。埼玉県代表メンバーとして、松伏町のおいしい食べ物や豊かな自然など、まちの良いところを自分のSNSなどを使って発信したいと思います」と話していた。