ニュース

炎天下の防災訓練・築比地下自治会連合会

2015. 8.10(松伏町)
ニュース写真
 松伏町築比地下自治会連合会(戸邉信夫会長)は12日、同町築比地の老人福祉センター隣の「農村広場」で「平成27年度(第2回)防災訓練」を実施した。各自治会から83人が参加し、炊き出し訓練や煙中体験、初期消火訓練、救出訓練、応急・救護訓練、水バケツリレー、非常食配給訓練などを行った。
 吉川松伏消防組合松伏消防署の指導で、松伏町消防団第7分団の協力を受け、昨年に続き実施されたもの。気温30度を超える炎天下の中、参加者は汗だくになりながらも真剣に取り組んでいた。訓練の最後には、松伏町赤十字奉仕団が作ったカレーライスと蒸しパンを試食して閉会した。
 戸邉会長は「夏日の中、災害に対する意識がますます高まるとともに、このような訓練を通していざという時、力を発揮するであろう、地域の団結力が深まった。この体験を機会に少しでも防災について認識を深めていただき、いざという時に備えていただければ」と話していた。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。