x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

リズムダンスサークルの披露も・吉川署の「出発式」

2015.5.18(松伏町)
ニュース写真
 松伏町中央公民館「田園ホール・エローラ」で9日、吉川警察署と松伏町、吉川市、三郷市による「平成27年春の全国交通安全運動出発式」が行われた。松伏町の会田重雄町長は「今年こそ交通事故のない、住みよく安心安全なまちづくりができるよう進めて参りたい」とあいさつした。
 今年に入り、5月8日までの県内の交通事故による死亡者数は59人で全国ワースト5位(吉川警察署管内では3人)。近藤佑一署長は「道路を利用する歩行者・自転車・自動車それぞれが交通ルールを守り思いやりをもっていただきたい」と呼びかけた。
 また、松伏小学校4年の金子心優さん、石黒心美さん、荒川麦さんが「私たちは春の交通安全運動をきっかけとして交通事故のない安全な街をつくるため、みんなで力を合わせていくことをここに宣言します」と“交通安全子供宣言”をした。
 リズムダンスサークル(秦美保子代表)によるアトラクションでは小1から高2までの37人が交通安全の願いを込めてダンスを披露。また、県警マスコットのぽっぽくん、松伏町の「まっぷー」、三郷市の「かいちゃん」、吉川市の「なまりん」ら“ゆるキャラ”とともに、自転車安全利用五則を盛り込み埼玉県警が企画作成した「5Song」を元気いっぱいに踊った。

>戻る