x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

松伏第二中生徒が演奏・宮城山元町の「産業祭」

2014.12.16(松伏町)
ニュース写真
 宮城県亘理郡山元町で11月23日に開催された「第4回山元町ふれあい産業祭〜いざ出陣!復興と未来につながる道へ〜」に、昨年に引き続き松伏町立松伏第二中学校の吹奏楽部員33人が参加した。地元の山下中学校・坂元中学校吹奏楽部との総勢約60人での合同演奏では、前日から親睦を図っていた3校の息がぴったり合い、ゆるキャラの飛び入り参加や来場者からのアンコールもあり、会場を大いに盛り上げた。
 松伏町の職員派遣から始まった東日本大震災の被災地である山元町への復興支援は、これまでにも義援金の寄付や、松伏第二中学校吹奏楽部の「ふれあい産業祭」への参加、山元町との災害協定締結など、様々な交流を深め、今では町民同士の交流にまで発展している。
 ステージ以外では、「まつぶし町民まつり2014」で参加者などから集めた義援金21万7263円を松伏町教育委員会・御処野紀夫教育長から齋藤俊夫・山元町長に手渡した。復興支援ブースでは松伏町のPRとして米粉パンのラスク、松伏町推奨特産品である「久寿餅」、「エローラ森のマロンパイ」の販売を行った。

>戻る