ニュース

「ウォーキングマップー」つくる・町内7コース、消費カロリーも

2014.4.7(松伏町)
ニュース写真
 松伏町では、町内観光スポットの紹介と町民の健康づくりを目的にした地図冊子「まつぶしウォーキングマップー」(A5判、オールカラー28n)を作成。3月末から町内公共施設で配布している。持ち運びしやすいサイズと手軽に利用してもらおうと、冊子名には同町のイメージキャラクターの「マップー」の名を取り入れ、親しみやすいものにした。
 冊子には、町が独自に設定したウォーキングコース7コースとサイクリングコース1つを掲載。特徴として、各コースデータに歩行距離と歩行時間に加え、歩数、消費カロリーも掲載し、分かりやすくした。また、各コース起点をバス停とし、バス利用者に配慮した。歩行時間が1時間30分程度から3時間程度までのコースを設定し、体力に応じたコース選択ができる。
 さらにコース図の周りには公園やお菓子や地酒などの町内で購入できる町推奨特産品や町指定文化財などの観光スポットをカラー写真で紹介している。コース上で紹介する観光スポット間の歩行距離と歩行時間を表示し、自分なりのコース設定もできるように工夫した。ストレッチ運動の紹介やバスルート図、医療機関一覧も掲載した。
 作成費は538万円で、同作成事業は松伏町緊急雇用創出基金事業(埼玉県から100%の補助)として実施した。受託者は地図作成会社の株式会社中野技術(兼光利之代表取締役、本社・新座市)。3000部作成。役場1階ロビー、中央公民館、B&G海洋センター、保健センター、老人福祉センターなどで配布している。今月下旬には町ホームページに地図データを掲載しダウンロードもできるようになる。
 <問い合わせ>松伏町環境経済課TEL991・1854。

>戻る