x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

負担少ない全身運動・ノルディックウオーキング

2013.12.10(松伏町)
ニュース写真
 松伏町保健センターでは、生活習慣病の予防と健康維持増進を目的に9月から「ノルディックウォーキング教室」を開催し、好評だ。無理なく継続できるスポーツとして注目を集めている。
 ノルディックウォーキングは、北欧フィンランドで生まれたスポーツで、子どもから高齢者まで誰にでも気軽にできる。膝や腰に不安のある人や運動習慣のない人でも、ストックを持つことで足腰への負担が少なく、長い時間歩く事ができる。それでいて、通常のウォーキングよりも30〜40%の高いカロリー消費率が実証されており、高脂血症や高血圧症の人にも効果的な全身運動として注目されている。
 参加者からは、「姿勢が良くなり歩き方がきれいになった」「膝に不安があったが、知らず知らずのうちに長い時間歩いていた」「普通のウォーキングより上半身を使う分疲れる感じがしない」など運動効果に関する感想が届いている。
 「ノルディックウォーキングは、両手に持った専用ポール(ストック)を活用し歩くことでバランスが保持しやすく、下半身の負担を軽減させることのできる新しいスタイルのウォーキングです。さらに腕を振ることにより、上半身に負荷をかけ、全身運動になります。膝や腰に悩みを持ち、運動することをためらいがちな方でも、無理なく始められる運動。それがノルディックウォーキングです」と、講師のNPO法人日本ノルディックウォーキング協会マスタートレーナーである梶浦丈嗣さん(46)は語る。
 参加した40代女性は「初めてだったので、手を後ろにしたときに、ストックから手を離すのが、最初はできませんでしたが、慣れるとできるようになりました。とても楽しく参加してよかったです」と笑顔で話した。
 健康長寿サポーター養成講座の一環として実施しているもので、健康になるためのエッセンスを聞きながらノルディックウォーキングを楽しむというもので、前・後期に分けて実施している。前期日程は12月3日、10日、17日。後期日程は2月4日、18日、3月4日、11日、18日。時間はいずれも午後3時から5時。会場は松伏町B&G海洋センターと松伏町総合公園、記念公園。参加費無料で保険料として1日100円が必要。
 <問い合わせ>松伏町保健センターTEL992・3170。

>戻る