x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

校歌CDをプレゼント・東京ヴィヴァルディ合奏団

2013.5.27(松伏町)
ニュース写真
 東京ヴィヴァルディ合奏団はこのほど、松伏町内の全小中学校(小学校3校、中学校2校)に各校の校歌を同合奏団で町内の田園ホール・エローラで演奏・録音しCDにしてプレゼントした。
 同合奏団は、エローラで演奏会「エローラの四季」「エローラのゴーシュ」などを毎年開催。今年10回目の開催となることから、地元への感謝を込めて、CDを贈りたいと、同合奏団の音楽監督・渡部宏さんが申し出て実現した。
 校歌は同合奏団がバイオリン、チェロ、チェンバロなどで演奏したバロックサウンドで、「合唱用」とイベントなどで使用できる「BGM風」の2バージョンを録音した。渡部さんは「小中学生に様々な楽器の音に触れてもらうことで、校歌に愛着も生まれると思う。ふだんエローラで録音するなど使用しているので、松伏への感謝の気持ちです」と話していた。
 なお、渡部さんは2008年度から町内3小学校で、情操教育の一環として生の楽器に触れてもらうことを目的に、町内3小学校で「音楽鑑賞教室」も開催し、チェロを使ったクラシック音楽の普及にも努めている。今年度も7月7日の渡部さんのリサイタルを前に6月中に3小学校で同鑑賞教室を開催する予定だ。

>戻る