ニュース

善行賞に内藤さんら・社会を明るくする集い

2012.7.23(松伏町)
ニュース写真
 「平成24年度松伏町社会を明るくする町民の集い」が14日、松伏町の田園ホール・エローラで開催され、約450人が参加した。次代を担う青少年が心身ともに健やかに成長することを願い、非行や犯罪のない明るいまちづくりを進めるのが目的。松伏町青少年健全育成協議会の主催、松伏町・松伏町教育委員会・越谷地区保護司会松伏支部会の後援。
 集いでは、地域社会で善い行いをした青少年に対し、その行いをほめたたえる「善行賞」、青少年健全育成(非行化防止)に関する「標語」と「作文」の優秀作品の表彰式を行った。表彰式の後には、児童・生徒が「作文」の発表を行い、最後に、アトラクションとして県立松伏高校合唱部の合唱があった。表彰された児童生徒は次の通り(敬称略)。

 <善行賞>内藤藍夏(松伏小6年)、橋里美(金杉小6年)、石川美晴(金杉小6年)、稲葉百郁、関口歩夢、染谷里歩、藤野優樹、梶山恋治(以上、松伏第二小6年)、宮嶋要(松伏小3年)、後藤未希、鹿田咲、染谷貴英、高森美由菜、竹下明穂、立花拓海、三日尻幸美、村瀬孝一、谷ヶア恵美、山本和恵(以上松伏中3年)、吹奏楽部(松伏第二中)、宮嶋 要、石川葉子(西武台千葉高1年)、齋藤愛(庄和高1年)
 <青少年健全育成「標語」優秀作品>村上大翔(松伏小2年)「いばらない やさしくします だれにでも」、佐藤真実(同4年)「まんびきは ぜったいぜったい しちゃだめだ」、谷ヶア峰聖(金杉小2年)「いじめたら じぶんのこころも ないちゃうよ」、新耀仁(松伏第二小3年)「友だちの さしだすその手が おくりもの」、星野一樹(松伏中3年)「悪い事 『悪い』と言える その勇気」、永福聡子(松伏第二中3年)「傍観者 見ているあなたも 加害者です」、山内みゆき(松伏高3年)「一度だけ 興味本位が 落とし穴」
 <青少年健全育成「作文」優秀作品>三日尻茉美(松伏小5年)「3・11」、横川詩恵(金杉小5年)「家族の大切さ」、飯泉亜慧(松伏第二小6年)「友達は大切」、岡部佳菜(松伏中3年)「笑顔の自由」、関根彩乃(松伏第二中3年)「一つでも多くの笑顔を」

>戻る