ニュース

3月に電子書籍化・「くらしの便利帳」

2012.2.27(松伏町)
ニュース写真
 松伏町は「松伏町くらしの便利帳」を3月1日から、電子書籍化する。同便利帳は昨年12月に、同町と株式会社サイネックス(大阪府中央区 村田吉優代表取締役)との官民協働事業により再発刊したもの。町の概要やイベント情報、役場での各種行政手続き方法などを分かりやすく一冊の冊子にまとめたもので、2009年に発刊したものに修正を加え、2011年に再発刊したもの。
 こうした「くらしの便利帳」の電子書籍化は、県内3番目で、東部地区では初めての試み。「くらしの便利帳」が電子書籍化されることで、パソコンやアイフォンなどで冊子と同じ情報が見られるようになり、情報の収集方法の幅が広がるほか、町の情報がいつでもどこでも見たい時に見ることができるようになる。
 電子書籍の種類はパソコン、iPhone、iPad(今後、アンドロイド版も配信予定)で特にアップル社のiPhone、iPadでは、便利帳の広告欄をタッチするとその店や会社の地図が出たり、ホームページがあればそこに進むこともできる。
 電子書籍は、松伏町ホームページ(http://www.town.matsubushi.lg.jp/)のトップページ左にある 「松伏町『くらしの便利帳』電子書籍版はこちら」ボタンをクリックし、「松伏町くらしの便利帳」ページ下段にあるダウンロードページのhttp://www.scinex.co.jp/wagamachi/loco/11465/dl.phpをクリックし、パソコン、iPhone、iPadを選択するとダウンロードできる。費用は無料(但し、閲覧に伴う通信料は自身の負担となる)。
 同町では「町では今後も、住民の知りたい情報、知らせたい情報を積極的に発信します」としている。
 <問い合わせ>松伏町総務課TEL991・1898。

>戻る