ニュース

松伏で「ポピーまつり」・売り上げの1部を被災地に

2011.5.30(松伏町)
ニュース写真
 松伏町大川戸の県営まつぶし緑の丘公園で21日、地元住民で組織する大川戸地区の発展と同公園の整備促進を目的とする団体である「大川戸地区県営公園整備促進委員会」(会長小林忠盛会長、会員42名)の主催により、「第6回ポピーまつり」が開催された。
 当日は、ポピーの花摘み、金杉小学校児童によるダンスや町内サークルによる太極拳などのアトラクションが行われ、同時に開催された農産物直売もにぎわい、約3000人の来場者が楽しんだ。
 なお、同委員会では、ポピーまつりで出店した模擬店などの売り上げの一部を「東日本大震災」の被災地に義援金をして送金する予定。
 また、会場では、地元事業者が肉まんの販売などを通じて「東日本大震災」による被災地域の支援と復興のための義援金活動が行われた。

>戻る