x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

創立45周年のプレゼント・越谷LCが特別支援学校に

2020.1.20(越谷市)
ニュース写真
 「越谷ライオンズクラブ」(栗原章人会長)は創立45周年記念事業として、このほど県立越谷西特別支援学校(越谷市西新井、小林直紀校長)で、「クリスマス会」を開催し、同クラブ会員約20人がサンタクロースに扮し、児童生徒に楽器や調理器具、スポーツ用品などをプレゼントした。

 小学部に贈られたのはキーボードやコンガ、シャンベといったパーカッションなど9種類の楽器一式(約10万円相当)。児童らは早速、楽器を手にして思い思いに演奏した。

 また、中等部にはホットプレートや炊飯器など電機調理器具一式3点(約10万円相当)が贈られた。生徒はホットプレートで焼きそばを調理して、同クラブ会員に振る舞い、会員らは「とても、おいしい」と喜んでいた。

 高等部には、バスケットボールやティーボール用のバットなどスポーツ用品一式8点(約10万円相当)が贈られた。高等部3年の大西知佳(ルビ・はるか)さん(17)は「球技部でバスケットボールをやっているので、とてもうれしい」と笑顔で話していた。

 小学部から高等部まで同時に贈るのは初めて。栗原会長(47)は「45周年の記念。サンタクロースになって、児童や生徒たちに、とても喜んでもらい笑顔を見られて、感動しました」と話していた。
>戻る