x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

尾アさんが最優秀賞・「彩りレシピコンテスト」

2019.12.23(越谷市)
ニュース写真
越谷市は、このほど実施した「こしがや“彩り”レシピコンテスト2019」の審査結果を発表した。

 コンテストは、同市とJA越谷市、越谷市農業団体連合会、市内飲食店事業者の協力で実施された。越谷産の農産物を使用したレシピを市民から募集し、その魅力を発信するのが狙い。

 今年のテーマは「野菜de健康生活!30分で作れる『時短レシピ』」で、99点の応募があり、書類と試食審査の結果、県立越谷総合技術高校2年の尾ア柊太(しゅうた)さん(17)の「焼きナスの冷製トマトソースがけ」が最優秀賞に選ばれた。

 最優秀作品は、越谷産のナス、ネギ、トマト、枝豆を使い、輪切りにした焼いたナスの上にすりつぶした枝豆とみじん切りにしたネギ、角切りしたトマトを載せて、めんつゆとオリーブオイルのたれをかけて食べる。トマトやナスの彩りが鮮やかで、トマトをソースとしたところなどが評価された。

 尾アさんは「枝豆をさやから出した後に薄皮をむくことで口当たりをよくしています。ナスにたれがよく染み込んでおいしい」と笑顔で話した。

 このほか、優秀賞に「越谷野菜の鮮やかミートローフ」(パパシシャーモさん)、審査委員特別賞に「越谷野菜とホクホクくわいのオーブン焼き」(宮関果歩さん)の作品が選ばれた。上位3人の受賞者は1日に開かれた「こしがや産業フェスタ」会場で表彰された。レシピコンテストの受賞作品とコラボレーションしたメニューが市内飲食店で提供される予定。

 来年3月には入賞作品などを掲載した「レシピブック」が発行される。

 <問い合わせ>越谷市農業振興課TEL963・9193。
>戻る