ニュース

木久蔵さんの講演も・27日に「協働フェスタ」

2018.1.22(越谷市)
ニュース写真
 越谷市制60周年記念「第10回越谷市協働フェスタ」(協働フェスタ実行委員会主催)が27日午前9時30分から午後3時30分まで、同市中央市民会館と前庭、東側芝生広場で開かれる。「みんなで作ろう地域と市民のまちづくり」をテーマに、各市民団体の活動発表や交流の場として、さまざまなイベントが予定されている。

 目玉は、午前10時30分から前庭で行われる初の「ポピュラーミュージックコンテスト」(KIDレコード主催、実行委員会共催)。デビューを目指す人材を発掘するイベントで、優勝者(バンド)にはCDの全国発売とライブがプレゼントされる(応募は既に締め切り済み)。メジャーアーティストを担当した制作会社や楽器メーカーらが審査し、当日の“観客票”も加味される。

 このほか、午後1時から劇場で、「第4回協働のまちづくり講演会」(越谷市コミュニティ推進協議会主催、実行委員会共催)がある。第1部は同市立荻島小学校の「おはやしクラブ」の発表。第2部は参加型コンサートの「みんなで第九」。第3部では、落語家の林家木久蔵さんが「笑顔でつなぐ 木久蔵流 地域コミュニケーション」と題して講演する。

 また、5階では「サイエンスショー」や「健康チェック」「吹き矢体験」「新聞プール」、4階では各地区コミュニティ推進協議会の活動紹介や「リサイクル花器づくり」などがあり、3階ホールとロビーでハワイアンや合唱、手話ダンスなどの発表もある。2階市民ギャラリーでは、市内在住の漫画家、てしばまさみさんの「似顔絵」コーナー(午前・午後各15人、先着順整理券発行)などがある。

 一方、前庭では、「大きなお世話なべ」を1杯100円で提供し、家庭や職場での余剰食品を集める「フードドライブ」もある。入場無料。

 <問い合わせ>越谷市市民活動支援課TEL963・9153。
>戻る