ニュース

花いっぱい運動開始・荻島地区センター

2017.7.3(越谷市)
ニュース写真
 子どもたちの通学路に彩りを添えようと、越谷市荻島地区コミュニティ推進協議会(会田雄一会長)の「環境部会」(大熊健司部会長)は6月3日、「第3回花いっぱい運動」を実施した。同部会会員が種から育てたマリーゴールドなどの苗300本を同市立荻島小学校の通学路でもある末田大用水沿いの花壇に植えた。同コミ協会員や同小児童・保護者ら約150人が参加して植栽した。
 植栽後、同市荻島地区センター・公民館を会場に、模擬店やビンゴ大会などを行う「花いっぱいまつり」も開催された。同コミ協会員と荻島地区にある文教大学の学生の協力で、手作りの「綿あめ」や「ポップコーン」「かき氷」などを食べながら最後に「ビンゴ大会」も行われ、楽しいひと時を過ごした。
>戻る