ニュース

「クールチョイス」を宣言・地球温暖化を地域から

2017.6.5(越谷市)
ニュース写真
 越谷市は5月29日、「COOL CHOICE(クールチョイス)」を宣言して、高橋努市長が宣言書にサインした。「クールチョイス」は、省エネ、低炭素型の製品、サービス、行動など地球温暖化に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動。例えば、冷房温度を1度上げることや、クールビズの実施、こまめに消灯を行うなど「低炭素」なアクションを実施するなどで「エコライフ」を実践する。

 同市は1983年に全国に先駆けて「環境管理計画」を策定して以来、積極的に環境施策に取り組んでおり、今回、「クールチョイス」に賛同して、ストップ温暖化「越谷率先実行計画」を推進する方針。具体的には、第10回目の「Act Green ECO WEEK」イベントをはじめ、「市民まつり」「産業フェスタ」などのイベントでPRする一方、市職員が夏場に着用するポロシャツに「COOL CHOICE」のロゴを入れる。

 高橋市長は「地球温暖化対策は、現代を生きる世代が果たすべき責任であり、地球と環境を守り、次世代を担う子どもたちへ引き継ぐことが私たちの責務。温暖化対策を地域から支えていきたい」と話している。