x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

三森選手、プロ入団を報告・越谷出身、ソフトバンクに

2016.11.28(越谷市)
ニュース写真
 越谷市出身で、私立青森山田高校(青森県青森市)から、ドラフト4位指名でプロ野球・福岡ソフトバンクホークスへの入団が決まった、三森大貴・内野手(17)が14日、越谷市役所に高橋努市長を表敬訪問した。

 三森選手は幼稚園児の時、市内の少年野球チーム「登戸ファイターズ」に入り、野球を始めた。地元の蒲生小学校を卒業後、硬式野球部のある中高一貫校の青森山田中学校に進学し、野球選手として順調に成長。高校では2年の時、「第46回明治神宮野球大会」でショート・4番でチームを全国ベスト4に導いた。 

 今年春の「第88回選抜高校野球大会」にも出場し、初戦で敦賀気比高(福井県)に敗れたものの、広角に安打を量産する打撃センスと走守でも優れた選手としてプロ球界から注目されてきた。身長185a・体重70`。右投げ左打ち。

 高橋市長は「一日も早く一軍の選手として活躍いただき、これからは子どもたちの目標とされるような野球選手として、市民をはじめ多くの人を魅了するプレーを期待しています」と激励した。

 三森選手は「これからが勝負。市民の皆さんに勇気と感動を与えられる選手になりたい。東京五輪代表も目標です」と抱負を述べた。
>戻る