ニュース

写真や講演で「平和」訴え・フォーラムを開催

2016. 11.21(越谷市)
ニュース写真
 越谷市の「こしがや平和フォーラム2016」が10月25日から30日まで、市内の越谷コミュニティセンター・ポルティコホールで開かれた。市制施行50周年の際に「平和都市宣言」した同市が毎年開催している。

 このうち、パネル展示の「平和展」では、世界各地の紛争の現状や現地支援の様子を撮影したポスターパネルが展示され、中東やアフリカの写真64点や、広島平和記念式典に参列した市内中学生15人の感想文、市民から寄せられた戦時中の実物資料(陸軍軍服、防空頭巾など11点)などが展示された。

 30日の「平和フォーラム」では、認定NPO法人「日本紛争予防センター」理事長の瀬谷ルミ子さん(●)が「世界の紛争やテロの現状、平和を築くために私たちができること」について講演した。

 また、中学生の広島平和記念式典の感想文発表、市内の渡邉まさ子さん(●)(平和の語り部登録ボランティア)の「東京大空襲」の体験談などがあった。渡邉さんは「あの戦争で日本中の人が辛く、悲しく、苦しい毎日を送りました。悪夢のような戦争が二度と起こらないことを願わずにはいられません」と訴えていた。
>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。