ニュース

安全推進大会に300人・防犯ポスターコンも

2016.10.24(越谷市)
ニュース写真
 「越谷市地域安全推進大会・越谷市暴力排除推進大会」(越谷市、越谷警察署、越谷市防犯協会など主催)が4日、越谷市中央市民会館・劇場で開かれ、市民300人が出席した。

 開会後、菅原俊幸・越谷署長は「今年8月末までの刑法犯認知件数は2977件で、昨年に比べ264件増加している。その主な原因が自転車盗被害の増加です。気軽に乗れる自転車ですが、施錠を習慣にし被害防止に努めてほしい。また、振り込め詐欺は次々に新手の手口が出ています。被害防止の基本は『電話でお金の話が出たら要注意』です」とあいさつした。

 続いて、地域安全活動功労団体・功労者に感謝状、「防犯ポスター」入選者に表彰状が贈られた。深井輝典・越谷市地域安全推進連絡協議会川柳地区連絡会会長による「大会宣言」が行われ、「私たちは、地域における安全活動を推進するリーダーとして、警察や市をはじめとする関係機関、団体と連携し、安全で安心して暮らせる地域社会の実現のため、より一層努力する」と宣言した。

 防犯ポスター入選者は次の通り(敬称略)。

 ▽最優秀賞=北浦健汰(南越谷小3年)▽優秀賞=長野茜(北陽中1年)▽入選=吉川陽菜(南越谷小5年)、寺アまい(新栄中2年)、酒井菜安奈(東中2年)、小田結菜(西中3年)。
>戻る