ニュース

小型ヨット体験参加者を募集・レイクタウン調節池で

2016.10.17(越谷市)
ニュース写真
 越谷市のレイクタウンの調節池で22日、23日午前10時から午後4時まで、恒例の「誰でも参加できるエコなセーリング体験会」と「第8回レイクタウンカップ」が行われる。Act Green ECO WEEK2016 実行委員会主催。

 誰でも操縦できる、エコでユニバーサルデザインの「ハンザディンギー」(小型ヨット)を使い体験会と簡易レースを行う。体験会の参加者を募集している。

「ハンザディンギー」はオーストラリアで設計し、インドネシアで製造。世界各国に納入されているユニバーサルデザイン(誰でも乗れる)小型で2人乗りのディンギ。

2018年には広島で国際レース開催が決定している。年齢、性別、経験、障害の有無に関係なく、誰にでも操縦できる唯一の小型ヨット。

 体験会は22日全日150人と23日の午前中60人を募集している。参加費無料。また、23日午後には5艇で5回のレースを行い、その後1位の人だけで決勝戦(1レース)を行う。

このレースは簡易コースを回るレースでハンザディンギー体験者であれば誰でも友達・家族(2人1組)で参加ができる。

決勝戦レース参加者には「参加賞」、上位入賞者には「賞品」が「イオンレイクタウン」をはじめ一般社団法人越谷市観光協会、越谷だるま組合などから提供される。

<問い合わせ>Act Green ECO WEEK2016実行委員会の久川さんTEL090・1839・7726。
>戻る