ニュース

「かけジャム」など5商品・「こしがやブランド」に新登録

2016.7.18(越谷市)
ニュース写真
 今年度で6年目を迎えた越谷市の「こしがやブランド制度」。7月1日に新たに5商品が認定され、高橋努市長から認定事業者に対し認定証が交付された。これで同ブランド商品は再認定4商品を含めて25になった。

 今回、新たに認定されたのは、市内産のイチゴを100%使用した、ドレッシングのようにかけて使う「苺のかけジャム」や、埼玉県産の小麦粉と胚芽粉、さらに昔懐かしい「麦こがし粉」をブレンドした皮で包んだ和菓子「越ヶ谷御殿」など。

 同ブランドは市内産業の活性化を目的に、市内で製造・加工された優れた商品を市が認定する制度。2011年度に創設され、これまで食品を中心に20商品を認定している。今年度は5月1日から31日まで募集を行ったところ、7事業者から12商品の申請があった。6月20日に認定審査会が行われ、「信頼性」や「地域性」、「独自・優位性」などを総合的に審査した結果、同5商品が認定された。
 ◇苺のかけジャム 越谷産のイチゴを使用した、ドレッシングのようにかけて使う新感覚のジャム。越谷産のはちみつ、徳島市産のすだち果汁を使用し、無添加ですっきりとした味わい。130c入り500円、190c入り800円、250c入り1000円。地場野菜イタリアンレストラン「カポナータ」(越谷市東越谷6の122に3)TL967・0077。
 ◇和菓子「越ヶ谷御殿」◇和菓子「越谷っ子」 「越ヶ谷御殿」は埼玉県産の小麦粉と胚芽粉、麦こがし粉をブレンドした皮で包み、表面に砂糖をまぶした和菓子。1個100円。「越谷っ子」は黄味あんを埼玉県産の小麦粉と胚芽粉をブレンドした皮で包み、表面にシナモンをまぶした和菓子。販売開始から20年、地域に根付いたお土産。1個80円。銘菓処「千菱」(越谷市恩間357)TL970・4581。
 ◇和菓子「越山栗」◇和菓子「越谷最中」 「越山栗」は大きな栗を丸ごと一個白あんに包み、しっとりと焼き上げた栗まんじゅう。1個155円。「越谷最中」は品質の良い大納言小豆を使用したつぶあんに、羽二重もちを挟み込んだ最中。1個163円。有限会社たからや(越谷市袋山1421)TL975・0013。
 <問い合わせ>越谷市観光課TEL967・1325。
>戻る