x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

こちらも星選手がモチーフ・「田んぼアート」

2016.6.6(越谷市)
ニュース写真
越谷市増森の東埼玉資源環境組合第一工場近くの田んぼで、今年も「こしがや田んぼアート」が始まった。5月29日に田植えが行われ、一般公募で集まった市民210人が参加した。色付きの古代米などで田んぼに絵を描くもので、今年で7回目の開催。

今回の絵柄は、リオデジャネイロ五輪「競泳女子200bバタフライ」に出場する、同谷市出身の星奈津美選手(25)。星選手が表彰台で金メダルを掲げており、市民の「金メダル目指して頑張って」の応援メッセージがある。星さんのイラストは市内在住の漫画家、手丸かのこさん(48)が描いた。横には、同市特別市民の「ガーヤちゃん」が応援している図柄を配置した。
 「田んぼアート」は市と市観光協会が2010年から毎年実施している。約100b四方の田んぼのキャンバスに、色彩の異なる稲(8種類)を作付し、文字や絵柄などを表現している。
今年の「田んぼアート」の絵柄の見ごろは7月中旬から8月中旬。隣接の東埼玉資源環境組合第一工場の展望台から見ることができる。稲刈りは10月の予定だ。
>戻る