ニュース

「レイクタウン防災フェス」・28、29日に開催

2016.5.23(越谷市)
ニュース写真
 越谷市の「レイクタウン防災フェス2016」が28、29日の2日間、それぞれ午前10時から午後4時まで、イオンレイクタウン・アウトレット・駐車場で開かれる。東日本大震災の翌年から始まった防災イベント。「防災・減災」「安全・安心」をテーマに、市民の防災意識高揚を図るのが狙い。
 「消防ふれあい体験フェア」では、消防車両の展示や走行体験、はしご車搭乗体験、初期消火体験などがあり、起震車による「地震体験」もある。また、子ども用の「防火服」を着た記念撮影もできる。
 「防災ワークショップ〜イツモ防災ワークショップと防災ジャパンプロジェクト〜」では、防災カードゲームや家具転倒防止ワークショップに参加し親子で楽しく防災について学ぶ。また、熊谷気象台の防災気象情報や地震情報についてのパネル展示、気象観測機器の展示、竜巻実験などがある。
 さらに、水陸両用車試乗体験(有料500円=うち200円を災害復興に充てる)や「ミニホバークラフトをつくって遊ぼう」「自分でつくる紙芝居」などのイベントがある。
 <問い合わせ>レイクタウン防災フェス2016実行委員会TEL03・6413・8801、越谷市消防本部警防課TEL974・0104。
>戻る