ニュース

続けよう死亡事故ゼロ・越谷署が安全運動出発式

2016.4.18(越谷市)
ニュース写真
 「人も車も自転車も 安心・安全 埼玉県」がスローガンの春の全国交通安全運動の出発式が6日、「イオンレイクタウンkaze・光の広場」で行われ、によるもので、交通安全関係団体や自治会などから約200人が参加した=写真=。

 同市交通安全対策協議会の主催。5日までの同市管内の人身事故は342件で前年比マイナス1と横ばいだが、死亡事故は1月23日以来発生していない。越谷警察署の川久保彰署長は「交通事故は加害者・被害者も家族も不幸にする。運転者も歩行者も思いやりを持ちマナーを守れば必ず事故は防げる。交通事故による死亡0日数の継続を」とあいさつした。
 また、越谷地区交通安全推進事業所協会の江原利男会長が「この運動を通して思いを新たに交通安全に務める」と交通安全宣言を行った。
 式後、市内の叡明高校音楽部員の合唱があり、街頭で交通安全の“反射板”などが配られた。
>戻る