ニュース

バス車内で申告PR・越谷税務署

2016.2.16(越谷市)
ニュース写真
 越谷税務署は確定申告とインターネットを使った申告「e−Tax」をPRするため、同署管内の越谷、三郷、吉川市と松伏町を走る路線バスの車内に、「自宅からネットが便利!申告・納税」と書かれたステッカーと「確定申告」のPRポスターを掲示している。1日、松伏町松伏の株式会社ジャパンタローズ(飯塚武志社長)でステッカーの交付式と出発式を行った。
 今回、初めての取り組みで、同社のほか、茨城急行(松伏町)、グローバル交通(吉川市)、マイスカイ交通(三郷市)、メートー観光(吉川市)の計5社の路線バス車内の運転席後ろの部分に掲示している。交付式では、吉原邦彦・越谷税務署長からジャパンタローズの飯塚社長へステッカーが交付され、早速、車内にステッカーと「確定申告」のPRポスターが貼られた。3月末まで掲示される。
 同税務署は「毎年申告会場には多くの納税者がお越しになり、手続き終了まで相当の時間を要する状況になっている。自宅に居ながらにして確定申告書を作成できる国税庁ホームページの『確定申告書等作成コーナー』を利用して申告書を作成し、プリンターで印刷して郵送で提出や、インターネットでの申告e−Taxをお勧めしています」と呼びかけている。