x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

全国2位を市長に報告・しらこばと陸上クラブ

2015.9.28(越谷市)
ニュース写真
 8月21日、22日に横浜市で開かれた「第31回全国小学生陸上競技交流大会」(日本陸上競技連盟主催)で女子4×100bリレーで51秒75の好タイムで見事準優勝した、越谷市の「しらこばと陸上クラブ(村山健児代表)」の選手5人が17日、越谷市役所を訪れ、高橋努市長らに報告した。
 訪問した選手は同リレーに出場した、鈴木風子さん(11)=越ヶ谷小6年=、寺園華さん(11)=同=、粟屋澪さん(12)=南越谷小6年=、金子萌生さん(11)=東越谷小6年=と男子80bハードルに出場した、小池諒武さん(11)=桜井小6年=とコーチの草野敏行さん(44)。
 今回の記録は大会歴代4位のタイムで、1位の愛知県とは0・1秒差だった。選手からは「2位で悔しかった」「満足できる走りができた」「応援の声で力が出せた」と話していたほか、これからの目標については「全国大会で活躍できる選手になりたい」と皆が話していた。草野コーチは「監督の村山をはじめ、チーム関係者でこの結果を喜び、今後の励みにしたい」と喜んでいた。
 高橋努・越谷市長は選手に「日ごろ皆さんを支えている御家族やクラブの先生、さらには仲間への感謝の気持ちを忘れることなく、今まで培ってきた力を十分発揮し、それぞれの目標を達成できるように頑張ってください」と激励した。

>戻る