ニュース

7日から噴水ショー・越谷レイクタウン

2015.8.3(越谷市)
ニュース写真
 越谷市の越谷レイクタウン(大相模調節池)で、今年で5年目となる「ウォーターファンタジア」が7日から16日まで開催される。大相模調節池の広大なロケーションを生かし、高さ最大25bにおよぶ32本の噴水が600dを超える水を噴き上げ、1670万色を表現可能なLEDライトと音楽が噴水を幻想的に彩る。また、高さ15b幅30bの巨大ウォータースクリーンの映像が噴水、音楽とシンクロし、日本でも数少ない大迫力のショーを作り上げる。
 主催はレイクタウン・ウォーターファンタジア実行委員会(イオンレイクタウン、越谷市観光協会、越谷市で構成)。「音楽噴水ショー」は期間中午後7時30分と8時15分の2回、各20分間開催される。
 同時開催イベントとして、地域の夏祭り「レイクタウン夏フェス2015」が8日と9日に開かれる。
 8日午後1時からは、「ハンモックBAR」を開催。同調節池芝生広場を会場にテーブルセットとハンモックを設置し、水辺でリラックスしてもらい、酒類中心の飲み物と軽食を有料で提供する。9日午前11時から、イオンレイクタウンアウトレット駐車場では、地元の県立越谷総合技術高校食物調理科の生徒が考案した地元食材を使った料理「鴨ねぎちまき」を有料で提供する。
 いずれのイベントも入場無料。
 <問い合わせ>一般社団法人越谷市観光協会TEL971・9002。