ニュース

埼玉司法書士会と災害協定・越谷市が12日に締結

2015.5.18(越谷市)
ニュース写真
 越谷市は12日、埼玉司法書士会(知久公子会長)と「災害時における被災者等相談の実施に関する協定」を締結した。この協定は、災害時に市からの派遣要請に応じて、埼玉司法書士会が相談員を派遣し、被災者への円滑で適切な相談を行うことを目的にしている。県内では和光市、草加市に次いで3番目の締結になる。
 締結式典は12日、越谷市役所庁議室で高橋努・越谷市長と知久会長が出席して行われた。被災者への相談業務は「相続に関するもの」「不動産登記および商業・法人登記に関するもの」「不在者財産管理制度および相続財産管理制度に関するもの」「政権後見制度に関するもの」など。

>戻る