ニュース

環境サポーター募集・高校生から一般まで

2015.5.11(越谷市)
ニュース写真
 越谷市は、市民や団体、学校などで環境学習や環境調査などへ技術的支援、人的支援を進め、地域の自然環境保全を幅広く推進するため「こしがや環境サポーター」を設立。5月から、サポーターになってくれる人を募集している。サポーターに登録された人は市民や学校の求めに応じ、環境イベントへの参加や環境学習などの支援を行う。
 活動内容は「地球温暖化防止に向けた節電、省エネルギーなどのエコライフ活動」「太陽光発電などの再生可能エネルギーの活用・創出」「ごみの発生抑制や資源循環に関する活動」「市内の自然や生き物の観察、生息状況などに関する調査・情報提供活動」「身近な緑の創出や生息空間の保全に関する活動」など。
 サポーターは@市民サポーターが市内在住・在勤の環境活動に取り組んでいる18歳以上の個人A学生サポーターは市内在住・在学している高校生以上の学生B企業サポーターは市内に住所のある法人など。
 登録を希望する人は、市役所環境政策課で配布している「こしがや環境サポーター登録申請書」に必要事項を記入し、同課に提出する。登録された人には「登録証」を渡す。登録期間は3年間。更新もできる。同市の鈴木正明環境経済部副部長は「今年度はイオンレクタウンでの環境イベントに参加・出展をはじめ、越谷市環境大会などの企画運営、各小学校での環境学習支援などに力を入れていきたい。ぜひ多くの市民の方に参加していただき、環境サポーターとして活動してもらいたい」と呼びかけている。
 <問い合わせ>越谷市環境政策課TEL963・9183。

>戻る