x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

60人演奏、ピアノ6手連弾も・ミュージックフェス

2015.4.6(越谷市)
ニュース写真
 越谷市中央市民会館劇場で3月29日、「第2回ミュージックフェスティバルinこしがや」が開かれた。地域出身や在住の音楽家をはじめ若手音楽家など総勢約60人が奏でる音楽の音色が一日中響きわたった。「こしがや『まちかどに音楽を!』プロジェクト」主催、公益財団法人越谷市施設管理公社が共催、東武よみうり新聞社・越谷市・越谷教育委員会後援。
 こしがや「まちかどに音楽を!」プロジェクトは、「音楽を通じて多くの人と出会いたい」「まちかどに音楽があふれる明るいまちにしたい」「市民が気軽に参加出来る発表、鑑賞、交流の場を作り出したい」との思いから音楽家たちが集まり、2010年から定期的にロビーコンサートやランチタイムコンサートを行い、12年に第1回目のフェスティバルを開催した。代表の松本ひろ実さんは「休日にゆっくり聴きたいというご要望から生まれたコンサート。ようやく2回目が出来たことが喜びです」と話した。
 最後を飾る「ファイナル・コンサート」では1台のピアノを3人でモーツァルト作曲「フィガロの結婚序曲」を“六手連弾”で演奏したり、フルート・サックス・ヴァイオリンなど管弦楽奏者8人とピアノによるピアソラ作曲「リベルタンゴ」が演奏された。一日中音楽を満喫したという江川トシ子さん(76)は「全演奏がよかったです。越谷で質の高い音楽に接することができ幸せです」と話していた。
 「まちかどに音楽を!」事務局ではプロジェクトを一緒に盛り上げるサポーターズクラブ会員を募集中。プロジェクトに興味関心があれば入会可能。指定公演の招待や割引購入、会員限定ミニコンサート付き交流会などの特典がある。正会員の年会費は1口1000円(税込)。
 <問い合わせ>「まちかどに音楽を!」事務局TEL985・2990、ホームページhttp://koshigayamachikado.web.fc2.com/。

>戻る