ニュース

市道街路灯LEDに・来年2月に完成へ

2015.3.9(越谷市)
ニュース写真
 越谷市は市内の市道に設置されている道路照明灯をLED灯に交換する。同市内には約1万3000個の道路照明灯があるが、そのうち主に生活道路の100h以下の道路照明灯約7800個を交換するもの。従来の照明に比べ、経済性と維持管理面や環境面に優れているため交換するもの。
 工事は今年8月から開始し来年2月末までに終える。10年のリース契約。導入の効果として、市は電気料金が年間1億7600万円から1億1300万円と約35%削減され、維持管理費も年間2170万円から820万円と約60%も削減される、としている。
 今後は残りの110h以上の道路照明灯約4700個についても順次切り替えに準備を進めていく。

>戻る