ニュース

いちご狩り楽しもう・26日に「知るとく講座」開催

2015.3.2(越谷市)
ニュース写真
 1月に越谷市増森の市農業技術センター隣接地にオープンした関東最大級のイチゴ農園「越谷いちごタウン」で26日、「越谷の観光・物産知るとく講座〜いちご狩り&ミニトマト栽培見学〜」(越谷市市民活動支援センター主催)が行われる。あす3日から同センターで申し込みを受け付ける。
 同講座は2012年の田んぼアートなど都市型農業の体験からスタート。一昨年、昨年は若手経営者の観光農園でのいちご狩りと、近くの越谷ネギ畑での収穫体験を続けてきたが、今回からは8棟約1万平方bのバリアフリー、高架設式の快適な温室で大人気の「いちごタウン」で、県のブランド「彩のかおり」や、人気品種の「紅ほっぺ」など6種類を、1時間かけてゆったりと食べ比べする。
 また、新しい野菜栽培に取り組む市農業技術センターが、昨年から試験栽培しているカラフルで食感の良いミニトマトの栽培施設も見学。支援センターから参加者全員にミニトマト1パックをプレゼントする。
 参加の対象者は市内在住、在勤・在学の小学生4年生以上(未成年者は保護者の同意書、小学生は保護者同伴が必要)で定員30人。午前10時、市農業技術センター事務所前集合で正午まで実施。参加費は入園料2100円、交通費は自己負担。
 バスは越谷駅東口から増林地区センター下車、徒歩5分。車はタウン内に無料駐車場あり。申し込み、問い合わせは支援センター窓口(TL969・2750)で、定員になり次第締め切る。
 <問い合わせ>越谷市市民活動支援センターTEL969・2750。

>戻る