ニュース

観光用レンタサイクルに使って・「ホダカ」が市に自転車5台寄贈

2015.2.23(越谷市)
ニュース写真
 越谷市流通団地の自転車メーカー「ホダカ株式会社」(山ア一代表取締役)が13日、越谷市に自転車5台を寄贈した。寄贈された自転車は一般軽快車(1台約1万5000円相当)2台、カジュアルスポーツ車(1台約3万2000円相当2台、1台約4万2000円相当1台)3台。同日、市役所で寄贈式が行われ、山ア社長から高橋努・越谷市長に贈られた。
 同市内の越谷レイクタウン大型商業施設には、年間5000万人を超える人が来訪しており、これらの人に市内を回遊してもらい、経済の活性化や観光振興を図ることが求められている。こうした中、昨年8月の「市長ふれあい訪問」で高橋市長が「ホダカ」を訪問。そこで両者が自転車を活用した産業・観光振興について協議を進めてきたが、今回、その皮切りとして、同社が寄贈することになった。
 今回、寄贈を受けた自転車は、一般社団法人越谷市観光協会と連携を図り、越谷レイクタウンを拠点としたレンタサイクルや「サイクリングイベント」などの観光事業に有効活用していく。同市産業支援課では「自転車は地球にやさしいエコな乗り物として、近年の健康志向による健康・体力づくりへの活用など、利点も多い。自転車を有効に利用していく」としている。

>戻る