ニュース

大相模中が優勝・越谷ジュニア甲子園

2014.9.22(越谷市)
ニュース写真
 越谷市民球場で8月7日、「第6回越谷ジュニア甲子園野球大会」(越谷北ロータリークラブ主管、越谷ジュニア甲子園野球大会実行委員会主催、東武よみうり新聞社後援)の準決勝、決勝が行われ、越谷市立大相模中学校が初優勝を果たした。
 越谷市、八潮市、松伏町の中学校23校22チームが出場した今大会の決勝戦は越谷市立大相模中学校と同市立新栄中学校の対戦となった。試合は大相模中が初回から2点をあげリードし4対1で大相模中が新栄を下した。大会は7月30日に開幕。6日間を使ってトーナメントで争った。
 そのほかの成績と個人賞は次の通り(敬称略)。


 【優勝】越谷市立大相模中学校【準優勝】越谷市立新栄中学校【3位】越谷市立西中学校、同武蔵野中学校
 【優勝の越谷大相模中のメンバー】▽監督=千嶋淳一▽選手=茶位俊輔、横山俊輔、増田空翔、石塚歩汰、増田飛騎、浅川健太、濱野薫、森山翼、森山翼、寺田智哉、早川大輝、泉晴人、保坂耕太郎、宇田智史、大野裕翔、板尾翔彪
 【最優秀選手賞】茶位俊輔(越谷大相模中)【優秀選手賞】奥山凌成(越谷光陽中)、水谷恒希望(松伏第二中)、白畑剛志(越谷平方中)、有沢一真(越谷千間台中)、黒澤颯人、渡部大貴(以上、越谷武蔵野中)、渡辺大地、鈴木陸来(以上、越谷西中)、武藤晃靖、鈴木和希(以上、越谷新栄中)、浅川健太、横山俊輔(以上、越谷大相模中)

>戻る