ニュース

自転車マナー向上をPR・夏の交通事故防止運動

2014.7.21(越谷市)
ニュース写真
 越谷警察署は15日、越谷駅東口と西口で、夏の交通事故防止運動(7月15日〜24日)の街頭キャンペーンを行った。広く交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーを習慣づけてもらい、夏の開放感から起こる交通事故を防ぐのが目的。
 今回の重点は「子どもと高齢者の交通事故防止」「自転車の安全利用の推進」「飲酒運転の根絶」。越谷市の重点目標は「自転車利用者のマナー向上」となっている。
 キャンペーンでは、同署員をはじめ、越谷市役所職員、市内交通安全関係団体の代表者ら約50人が参加して、歩行者や自転車の人に事故防止を呼びかけるチラシやうちわなどを配って交通安全を呼びかけた。

>戻る