ニュース

オーケストラと共演・市内の小中学生52人

2014.7.14(越谷市)
ニュース写真
 8月19日に越谷市のサンシティ・大ホールで開かれる「佐渡裕×シエナ・ウインド・オーケストラ〜ひと・まち・音楽〜」の公演を前に、「シエナ・ウインド・オーケストラ」の楽団員4人がこのほど、越谷市内の小中学生52人を対象に、同市立北中学校音楽室で「吹奏楽クリニック」を開いた。これは、同公演の開演前のプレイベントとして開催される「市内小中学生&シエナ・メンバーによる演奏」で共演するための練習会。
 共演する小中学生は市内の1小学校と8中学校で選抜された吹奏楽部員。11歳の小学6年生から15歳の中学3年生までの52人が選ばれた。講師を務めたのはシエナ・メンバーの原山佐保子さん(クラリネット)、郡恭一郎さん(トロンボーン)、平子久江さん(パーカッション)、中村睦夫さん(ユーフォニューム)の4人。
 クリニックでは、当日演奏する「キャンディード序曲」を、各パートに分かれての練習の後、全体練習があり、音の強弱やメロディーやリズムを細かく指導を受けた。全体合奏を中村さんがていねいにパートごとに手ほどき。児童生徒たちは真剣な表情で演奏していた。
 共演する児童生徒たちは、本番に向けて、あと2回の合同練習のほか、各小中学校で練習を重ね、備える。

>戻る