ニュース

越谷市社協に11万円余寄付・越谷中央LC

2014.6.23(越谷市)
ニュース写真
 越谷中央ライオンズクラブ(山ア冨士夫会長)は17日、会員らで集めた11万1000円を越谷市社会福祉協議会「愛の詩基金」に寄付し、感謝状の贈呈を受けた。
 同クラブでは、昨年7月から今月までの1年間に、会員による「チャリティーオークション」を4回開催。酒や調味料などの贈答品や衣類など家庭で眠っている商品をオークションにかけ販売。その売り上げを集めたもの。
 山ア会長は「チャリティーオークションは初めて実施したものです。生活に困窮する子どもたちに役に立ってほしいと企画し、社協に贈りました。ぜひ、子どもたちのために使ってほしい」と話していた。寄付を受けた同社協の植竹勇会長は「福祉のまちづくりのため、有効に使わせていただきます」と話していた。
 同社協の「愛の詩基金」は今年3月末現在で、累計15億5731万円にも上る。同基金は地域に根差した福祉のまちづくりのために使われるもので、昨年度は市内の竜巻災害被災者への支援にも使われた。

>戻る