ニュース

重みで建物の破損も

2014.2.24(越谷市ほか)
ニュース写真
 2週続きの大雪に市民はうんざり。南岸低気圧の影響で14日から15日にかけ、東部地区はまた大雪に見舞われた。積雪量は越谷市蒲生で15日午前2時に最大29a(越谷市消防本部調べ)を記録。前週を上回る記録的な積雪となった。
 越谷市内では停電も発生。15日午前に南越谷と七左町の一部で約900世帯が停電した。雪の重みによる公共施設の破損も相次いだ。越谷市総合体育館では天井のボードが落下。中央市民会館でもガラスが破損。農業技術センターの試験温室のガラスも破損した。光陽中や平方小などの学校施設の一部も破損した。
 隣の松伏町では、町立金杉小学校の鳥小屋の屋根が破損。吉川市でも市役所本庁舎や「おあしす」、視聴覚ライブラリーが浸水するなどの被害があった。

>戻る