x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

子育てを楽しもう・「フェスタ」でゲームなど楽しむ

2013.12.16(越谷市)
ニュース写真
 越谷市社会福祉協議会は16日、「子育て応援フェスタ」(越谷市施設管理公社共催)を越谷サンシティ・ポルティコホールと小ホールで開催し、親子連れら約800人が来場した。市内の子育てサロンや子育てサークルらが一堂に会し、情報提供や遊びを通して、子育てを楽しんでもらおうという趣旨で企画されたイベント。
 ポルティコホールでは、ゲームなどを楽しむ「わくわくコーナー」や市内子育て支援団体による活動紹介などをする「ふれあいコーナー」、ベビーマッサージなどを体験する「プチ体験コーナー」などがあり、乳幼児と保護者らが参加した。
 越谷市からの委託で子育てサロン「つどいの広場」を運営する、NPO法人子育て支援ワーカーズみるくは会場でオリジナルの「魚釣りゲーム」と「玉入れゲーム」を実施。多くの幼児が体験した。参加した東京都足立区から来た、中西陽子さん(37)は娘の花ちゃん(2)と一緒に「魚釣りゲーム」を楽しんだ。中西さんは「このイベントは越谷に居る友人から聞いて、昨年から来ています。工作やゲームなど一つの会場で楽しめるので、子どもも喜んでいます」と笑顔で話していた。
 企画した「みるく」の代表理事・青木照代さん(59)は「このイベントは5回目の参加になります。日ごろの活動を多くの市民に知ってもらう貴重なイベントです。市内の様々な子育て支援団体が集まるので情報交換にもなります」と話していた。
 小ホールでは、ミニコンサートが開かれ、ピアノ演奏やタップダンス、親子で歌うコーナーなどがあり、来場者は1日楽しんだ。

>戻る