x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

出羽地区センター完成・太陽光発電施設も

2013.11.18(越谷市)
ニュース写真
 越谷市は同市七左町4の248の1の出羽公園に隣接する場所に建設していた出羽地区センター・公民館が完成。12月1日にオープンする。生涯学習、地域コミュニティ、福祉、防災救援の4つの機能に行政サービス機能などを兼ね備えた住民の活動拠点。市内8番目の大型館。同センターの特徴は、市内地区センターとして初めて太陽光発電を採用している。太陽光パネル56枚を設置し、10`hアワーの発電が可能で、環境に配慮した施設になっている。
 同センターの敷地は約4475平方b、建物は本館が鉄筋コンクリート造り2階建て(延べ床面積約1989平方b)。付属棟が鉄骨造り2階建て(同約273平方b)。工事費は本体が5億8800万円、設備など付属工事費が1億742万円。
 館内の主な施設は1階が学習室、調理室、工芸室、地域活動会議室、図書コーナー、事務室など。2階が多目的ホール、和室、自由活動室など。
 開所時間は午前8時30分から午後9時30分まで。休所日は12月29日から翌年の1月3日まで。

>戻る