ニュース

阿波踊りも披露・ユネスコ活動研究会

2013.11.12(越谷市)
ニュース写真
 関東地区のユネスコ協会が一堂に会した活動研究会「原点に戻ろう!もう一度心の中に平和のとりでを〜いま問われる民間ユネスコ活動〜」が10月5日と6日の2日間、越谷サンシティで開かれ、ユネスコ関係者ら約300人が集まった。
 オープニングイベントでは地元の南越谷阿波踊りの合同連による阿波踊りが披露された後、開会式があり、基調講演「世界はひとつ、友情と信頼と絆で結ぼう」が英・ダイアン吉日さんによって行われた。交流会では地元のピアノとサックスの「デュオ ルクレール」による演奏もあった。
 2日目は3つの分科会に分かれて、「かけがいのない命と平和」実践活動や「世界寺子屋運動」などについて、参加者らが議論した。市内のこしがや能楽堂、日本庭園・花田苑や越谷レイクタウンを視察し、越谷の文化を感じてもらった。

>戻る