ニュース

17、18日に「ひまわりフェス」・大成町のヒマワリ畑

2013.8.13(越谷市)
ニュース写真
 越谷市大成町8丁目のラベンダー公園隣のヒマワリ畑(大成町8の2785)を会場に17、18日「大相模ひまわりフェスティバル」が開催される。大相模地区コミュニティ推進協議会(戸巻正会長)の住民が育てたヒマワリを地区内外の人に鑑賞してもらうイベント。2005年から開催されている。
 ヒマワリ畑は約3000平方bあり、約1万5000本のヒマワリが咲いている。今週末が見ごろになりそうだ。咲いているヒマワリは、サンリッチオレンジと東北八重の2種類。当日は全体が見渡せる見晴し台が設置される。ヒマワリの無料摘み取り(はさみは各自持参)も行われる。また、かき氷や冷たい飲み物の模擬店も出るので、ゆっくりと鑑賞して写真を撮ったり、絵を描いたりと、家族みんなで楽しめる。
 昨年から、ヒマワリ畑隣の約1000平方bに、ソルゴー(飼料用トウモロコシ)を使った迷路が登場。子どもから大人までが楽しめる「畑の迷路」だ。また、同地区コミ協のマスコットキャラクター「ひまりん」の着ぐるみも登場し会場を盛り上げる。小雨決行。入場無料。
 <問い合わせ>大相模地区センターTEL988・7370。

>戻る