ニュース

6月から施行されました・暴力団排除条例

2013.6.11(越谷市)
ニュース写真
 越谷市暴力団排除条例が6月1日から施行されることから、市民にPRをしようと、越谷市と越谷警察署合同で1日、JR武蔵野線南越谷駅から東武スカイツリーライン新越谷駅間のロータリーで広報活動を行った。
 キャンペーンは市役所職員と越谷警察署員の計15人が、同条例の内容の書かれたチラシやウェットティッシュを通行する市民に配布して、同条例や暴力団排除の呼びかけを行った。越谷市のマスコットキャラクター「ガーヤちゃん」と埼玉県警シンボルマスコット「ポッポくん」の着ぐるみも登場して、告知活動をお手伝いしていた。
 同条例は、暴力団排除活動の推進により、市民生活の安全と平穏を確保し、社会経済活動の健全な発展に寄与することを目的に制定された。
 主な施策として、市は、公共工事やそのほかの事務事業により暴力団を利することとならないよう必要な措置を講じるほか、公共施設が暴力団の活動に利用されると認められるときは、当該公共施設の使用の許可をせず、又は許可を取り消す措置を講じることができる。
 また、青少年に対する教育のための措置として、市は、中学校で、生徒が暴力団排除活動の重要性を認識し、暴力団に加入せず、暴力団による犯罪の被害を受けないようにするための教育が必要に応じて行われるよう適切な措置を講じるとともに、青少年の育成に携わる者に必要な支援を行う、などとしている。

>戻る