ニュース

一緒に踊ろう・よみうり大花連が仲間募集

2013.5.20(越谷市)
ニュース写真
 読売新聞がバックアップする、越谷市を拠点に活動する阿波踊りの連(グループ)「よみうり大花連」(関森初義連長)では、今年も8月24、25日に新越谷駅周辺で開かれる「第29回南越谷阿波踊り」(南越谷阿波踊り振興会主催)に参加する。同連は今年、3回目の出場で、さらに元気に踊りたいと、踊りの仲間を募集している。
 同連は主に越谷市や近隣の市民でつくる地元連。現在、会員59人で構成は子どもが半分のアットホームな連。2歳児から60歳代と幅広い層が参加している。練習は1年を通して毎週土曜日に実施し、本場徳島の正調を基に、鳴り物・踊り手の一体感を表現している。昨年は初めてサンシティ・大ホールでの舞台踊りにも挑戦し、実力もつけてきている。今年も「流し踊り」と「舞台踊り」に出場する。
 練習は毎週土曜日午後7時から9時まで、越谷市立蒲生小学校で開催。年会費は大人8000円、子ども4000円、学生(高校生以上)5000円。家族割引もある。関森連長は「地域のコミュニケーション、仲間づくりを目的に活動しています。初心者大歓迎で、今年は特に男性歓迎です。見学も自由にできますので、興味のある方はぜひ参加してください」と呼びかけている。
 <問い合わせ>関森連長TEL090・3450・9102。

>戻る