ニュース

イチゴ狩り楽しむ・「知るとく講座」で

2013.4.8(越谷市)
ニュース写真
 越谷市市民活動支援センターの「越谷の観光・物産知るとく講座〜越谷いちご狩り&越谷ネギ掘り」が3月22日、同市増森の観光農園「越谷いちごの樹」(前田寿樹さん経営)と地元産野菜の収穫体験などを受け入れている農業生産法人「楽農三恵園」(吉田忠茂社長)で行われた。
 前田さんは昨年6月、同市の都市型農業経営者育成支援事業の第T期生として2年間の研修を終え、今年1月、念願の観光いちご園をオープン。同支援センターでも昨秋、農業と観光を結びつけた都市型農業を多くの市民に知ってもらおうと“知るとく講座”を開設しており、前田さんらの観光農園を応援することにした。
 この日は、親子連れ2組を含む13人が参加。「越谷いちごの樹」では、前田さんの説明を受けた後、ビニールハウス2棟に鈴なりの「章姫」と「紅ほっぺ」を、口いっぱいにほおばり、「やっぱり、摘みたては一味違う」と満足そう。お持ち帰り用のパック詰めも飛ぶように売れていた。
 さらに、近くの越谷ネギ畑に移動。吉田社長から「越谷ネギ物語」を聞き、掘り方を指導してもらった後、さっそく畑に入りネギ掘りを体験。土と触れ笑顔がいっぱい。最後にはセンターが1人2本ずつプレゼントした越谷ネギを手に、「久しぶりに自然と触れ、気持ちがスカッとした」と満足そうだった。
 <問い合わせ>越谷いちごの樹TEL070・5570・4115、楽農三恵園TEL960・6288。

>戻る