ニュース

蒲生南小は40周年・式典やスライド上映

2012.11.5(越谷市)
ニュース写真
 越谷市立蒲生南小学校(中川起子校長)で10月27日、創立40周年記念式典が開催された。中川校長は沿革を述べ、「これまで5768人の卒業生を送り出した。あいさつがよくでき、友達と仲良く遊べる、よく運動をして体を鍛えている。さらにすばらしい蒲生南小を築いていきたいと思う」とあいさつした。
 実行委員会はこれまで「記録ではなく記憶に残るものを」と児童全員による風船飛ばし、保護者によるカーテンの洗濯などを行ってきた。冨岡礼・実行委員長は「きれいなものに囲まれ心が豊かになることが一番の(学校への)誕生日プレゼント」と成長を願った。
 児童らによる発表「40回目の誕生日おめでとう!伝統ある学校に通っている喜びを胸に〜がもなんプライド」は、10周年から40周年までの校舎のスライド、同校の自慢、合唱などで場を盛り上げた。

>戻る