ニュース

5年ぶりに開催・豊年祝う「越ヶ谷秋まつり」

2012.10.16(越谷市)
ニュース写真
 10月6日・7日、越谷市内の旧日光街道周辺で、江戸時代中期の元禄時代から伝わる、豊年を祝う祭り「越ヶ谷秋まつり」が2007年以来5年ぶりに開催された。
 6日は神輿渡御(みこしとぎょ)の行列や山車(だし)の曳き回しが行われた。久伊豆神社を出発した神輿を先頭に、裃袴(かみしもはかま)姿の旦那衆や稚児巫女(ちごみこ)などが古式の衣装をまとい、行列が続いた。途中、各町内の8台の山車に迎えられ、弥生町内(越谷駅東口北側ロータリー)のお仮屋まで運ばれた。
 沿道を埋めた多くの観衆は、江戸時代の歴史絵巻のような行列の再現に見入っていた。

>戻る