トップニュース

寿ファイヤーズ惜しくも2位・読売ウイナーズカップ少年野球

2012.9.17(越谷市)
ニュース写真
 越谷市の寿ファイヤーズ(東武よみうり新聞社旗争奪少年野球大会代表)が見事準優勝。県内の少年野球8大会を制したチームが王座を争う「第6回埼玉県読売少年野球ウイナーズカップ」(読売新聞東京本社、埼玉県連合読売会、埼玉県野球連盟主催、読売ジャイアンツ、報知新聞社、読売旅行など後援)は8、9日の両日、さいたま市大宮区の県営大宮公園球場で開かれ、寿は川越市の霞ファイヤーズ(読売旗争奪埼玉県西部地区少年野球大会代表)に1対5で惜しくも敗れた。霞は初優勝。決勝戦は霞の左腕・金井投手の制球力に阻まれ、寿は3安打に終わった。吉川市の吉川ウイングス(読売杯彩南東部少年野球大会代表)は準決勝で寿と対戦し敗れた。
 県東西“ファイヤーズ”同士の対戦となった、決勝戦は寿・山田、霞・金井の先発で始まった。霞は3回表、1番・長田の2塁打、続く2番・上垣内の内野安打に3番・海瀬も敵失で出塁し満塁に。4番・小山が素直に打ち返す打撃で中越適時打を放ち、2点を先制。さらに、7番・金井が中前適時打で2点を挙げ、霞ペースで試合が進む。
 寿は準決勝でリリーフした長田に交代。球速110`の速球に霞打線を抑えるが、疲れが見えてきた6回表に均衡が崩れた。8番・川本が四球で歩いた後、1番・長田が速球に逆らわない打撃で左前2塁打を放ち、続く2番・上垣内が2塁への内野安打の間にホームインし1点を追加した。
 打線が繋がらない寿は6回裏に4番・長田が意地の中越本塁打を放ち、1点を返すが、攻撃はここまで。寿は3安打に抑えられ、金井投手は完投した。霞は2塁打5本を含む10安打と完全に打ち勝ち、強打の霞と総合力の差を見せつけた試合だった。
 試合を終えた寿・長田投手は「準決勝で思い切り投げて、決勝では疲れが出た。相手の霞はよく打つなという印象で完全に打ち負けていた。優勝を狙っていたのでとても悔しい」と残念がっていた。今大会、長田は2本塁打を放ち、投打に活躍した。166a、68`の恵まれた体格で寿の要だが、1人のスーパー選手がいても勝てない。やはり野球はチームでやるものということを実感した決勝戦だった。

>戻る