ニュース

だるま作りに65人・桜井地区センターで制作体験

2012.9.17(越谷市)
ニュース写真
 越谷北ロータリークラブ(一柳昌利会長)は8月23日、越谷市桜井地区公民館で「だるまの制作体験」を開催した。越谷の地場産業である「越谷だるま」を多くの人に知ってもらおうと企画したもので、65人の小学生とその親が参加した。
 指導は越谷だるま組合。同組合が用意した「越谷だるま」を1人1個用意し、墨で顔を描いた。組合員4人が手ほどきし、約2時間かけて、完成させた。参加した親子は「ひげを描くのが難しかった」と感想を話していた。

>戻る