ニュース

バッハの協奏曲など演奏・ヨウコサウンドフォレストコンサート

2012. 8.27(越谷市)
ニュース写真
 越谷市中央市民会館劇場で19日、「Yoko Sound Forest(ヨウコ・サウンド・フォレスト) 6th Concert」が開催され120人が次々と奏でられるバイオリンやピアノの音色に聴き入った。主催はバイオリニストの山森陽子さん。
 2010年に結成されたYSF(ヨウコ・サウンド・フォレスト)合奏団には現在7歳から20歳代まで、幅広い年代の12人が在籍している。コンサート出演3回目となる今回は、J・S・バッハ作「2つのヴァイオリンのための協奏曲」を演奏した。最年少の高橋アリアさん(7)(大沢小2年)は「(舞台での)ポジション移動が難しかったけど、みんなで合わせて上手に弾けたことがうれしい」と舞台で演奏することの喜びを語っていた。
 コンサートのコンセプトは“もっと気軽にクラッシック”。山森さんは「(今後も)じっくり聴かせるコンサートにしていきたい」という。YSF合奏団は現在、小学生以上でバイオリンが好きなメンバーを募集中。
 <問い合わせ>山森さんyokosc45@mail.goo.ne.jp。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。